2013年06月01日

久しぶりの更新です

みなさま

いかがお過ごしですか?
久しぶりの更新となり、申し訳ございません。
すっかり年も明けて2013年ももうすぐ半年が過ぎますね。。

おさらいも含めて、今日までの流れをまとめて報告します。

<土曜日クラス>
■Cグループ「湖畔の白樺」(仮題)
この作品は、かなり絵具層もキャンバスも脆い作品でした。
最初に膠で剥離止めを行いながら、同時にクリーニングできるところは行っていきました。
DSCN7431.jpg blog1
表打ちは、作品を木枠から外す前に生麩糊で行いました。
DSCN7431.jpg blog1
元々定着の弱い作品のため、木枠から作品を外したとき、少し絵具層の浮き上がりが見られました。
DSCN7457-c19e9.jpg blog1
キャンバスに穴が見られたので、パッチ当てを行ったあと、キャンバスの変形修正を行いました。
その際、張りが一部弱かったため、後日部分的にやり直しました。
裏面掃除は金ブラシとビストリを使って行いましたが、かなりキャンバスが弱っていたため、埃を取ると、キャンバスが透けていました。さらに養生のため、必要な箇所にはパッチ当てを施しました。
DSCN7462.jpg blog1
絵具層の接着強化のための合成樹脂は、plexisolを染み込ませました。
刷毛で接着剤を染み込ませた後、表の状態を確認したら、かなり接着剤が滲み出していました。
また、汚れも溜まっていた状態でした。
裏打ち用の布は、ポリエステルを使用しました。(予め木枠に張って)
アイロンで絵具層の固着をした後、plexitolを作品裏面と裏打ち布に塗布し、貼り合わせ、重しを乗せて裏打ちを行いました。
DSCN7702.JPG
後日確認すると、かなり裏面からplexitolが滲み出していたため、木枠に張り込む前にlooseliningを行い、元の木枠に作品を張り戻しました。
表打ちの除去は作品を張り込んだ後に行いました。理由は、張り込みの際に絵具層が動かないようにするためです。
表打ちはお湯と部分的にミネラルスピリットを使用して除去しました。
部分的に絵具層が取れてしまうところもありましたが、全体的には定着力が増しました。
取れてしまった箇所は、膠で接着しました。
全体的に汚れが目立ったため、キシレンをパッピーナに含ませてクリーニングを行いました。
かなりきれいになりました。
DSCN8537.jpg blog1

長くなりましたので、日曜クラスについてはまた後日報告します。


posted by スタッフA at 18:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。